マルセイユ、パイェ獲得を断念のち再交渉か オファー額アップも…焦点は“6億円差”

マルセイユは獲得に36億円提示も、ウェストハムは42億円を要求

 ウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェの獲得を一度は断念したと報じられた日本代表DF酒井宏樹が所属するフランスの強豪マルセイユだが、移籍話がここにきて再燃しているようだ。フランス紙「レキップ」が報じている。

 現在トップチームでのプレーを拒否してU-23チームに帯同しているパイェを巡って、ウェストハムとの間で移籍金の合意に至らず、マルセイユは獲得を断念したと報じられていた。しかし、マルセイユはオファー額を上げることでパイェ獲得への交渉を再開させるという。

 マルセイユはパイェ獲得に対して3000万ユーロ(約36億円)を提示し、ウェストハムに交渉を持ちかけるとしている。英メディアではウェストハムが3000万ポンド(約42億円)を要求しているとされていただけに、この差が埋まるかどうかが焦点になる。

 パイェには中国クラブからの接触も伝えられていたが、本人がアジア行きに難色を示していた。古巣マルセイユは一度撤退したかに思われたものの、一転して獲得への動きを見せている。母国への帰還を望むキックの名手を巡る交渉は、残り10日を切った移籍期間の間に成立するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング