G大阪、広島新スタジアム“落書き”行為を報告「大変遺憾」「犯罪行為」

G大阪がリリースで発表(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】
G大阪がリリースで発表(写真はイメージです)【写真:徳原隆元】

クラブ公式リリースで発表

 ガンバ大阪は2月18日、今月10日に行われたサンフレッチェ広島戦とのプレシーズンマッチにおいて、エディオンピースウイング広島のビジター専用エリア内トイレの個室に油性ペンによる落書き行為が確認されたことを報告した。同クラブは「器物損壊罪に相当する犯罪行為です」とし、行為者特定に向けて調査を実施していると明かした。

 クラブによると、G大阪が2-1で勝利したこの試合後、スタジアム清掃時に、2Fビジター専用エリア内のトイレにある4つの個室において、油性ペンによる落書きが見つかったという。会場は今季より広島の本拠地として使用される新スタジアムで、このプレシーズンマッチがこけら落としとして行われた。

 G大阪は声明で「2月10日(土)に行われたプレシーズンマッチにおいて施設が毀損するという事象が発生しました事を弊クラブとして大変遺憾に思っております。本件は、器物損壊罪に相当する犯罪行為です。このような行為は、エディオンピースウイング広島、サンフレッチェ広島、スタジアム建設に関わる方々並びにガンバ大阪を応援する全ての方々への侮辱でもあります」と発表し、行為者特定に向けて調査を実施し、最大限尽力していると明かした。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド