GK鈴木彩艶が捕球→カウンター起点 元日本代表・槙野智章氏が太鼓判「吹っ切れた感じ」

鈴木彩艶に槙野智章氏が言及【写真:Getty Images】
鈴木彩艶に槙野智章氏が言及【写真:Getty Images】

アジアカップのグループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦

 森保一監督が率いる日本代表は1月24日、アジアカップのグループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦。この試合では森保監督がGKに誰を起用するかに注目が集まったが、GK鈴木彩艶が3試合連続で先発出場した。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 過去2試合でともに2失点を喫し、鈴木のパフォーマンスは議論を呼んだ。インドネシア戦では、日本がボールを保持する展開となり、なかなかプレー機会がないGKにとっては難しい状況だったが、鈴木は集中を切らさずにゴールを守った。

 スポーツ・チャンネル「DAZN」で解説を務める元日本代表DF槙野智章氏は、日本が2点をリードしたなかで迎えた後半8分のプレーに注目。インドネシアがハーフウェーラインを少し越えたあたりでフリーキックを得ると、エリア内にロングボールを放り込んできた。

 これを鈴木が前に出てしっかりとキャッチ。立ち上がってからMF堂安律に正確なロングキックを送り、攻撃の起点にもなった。その後の攻撃で堂安のシュートがわずかに左に逸れて得点にはならなかったが、鈴木を起点としたロングカウンターでインドネシアゴールに迫った。

 槙野氏は「鈴木彩艶がキャッチした時の表情を見たら分かるですけど、1戦目と2戦目よりも良い表情をしていたんです。なにか迷いのない顔をしていたので、吹っ切れた感じがしますね」と、21歳の守護神について言及した。そして、「良い表情をしていましたよ」と繰り返した。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング