小野伸二、日本のPK奪取シーン絶賛 上田綺世のキープ技術に注目「DFからボール見えない」

小野伸二が絶賛【写真:ロイター】
小野伸二が絶賛【写真:ロイター】

グループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦

 森保一監督が率いる日本代表は1月24日、アジアカップのグループリーグ第3戦でインドネシア代表と対戦。前半6分にFW上田綺世が自ら倒されて得たPKを決めて先制した。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 第2戦でイラクにまさかの敗戦を喫した日本。決勝トーナメント進出のために負けられない一戦は幸先の良い滑り出しを見せた。

 前半2分、ペナルティーエリア内右でパスを受けた今大会初先発の上田が相手DFに抱えられて転倒。当初はノーファウルの判定だったが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による介入でオンフィールドレビューが実施されPKの判定に。これを上田が自らゴール右へと決めた。

 試合の解説を務める元日本代表の小野伸二氏は上田のスペースへの抜け出しからボールを収めたプレーについて「今のはいい動きをしました。身体を使いながら反転。ファウルっぽく見えましたけど(その後、ファウル判定に)、いいプレーだったと思います」とコメント。「身体の使い方がうまかったので、(DFは)ああせざるを得なかった。DFからボールの位置が見えない」と相手の視界からボールを消す上田のキープ技術の高さを絶賛していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド