ボールを持つたび…日本代表にブーイングの嵐 イラク戦の異様光景に驚き「圧倒的アウェー」

日本代表にブーイングが鳴り響く【写真:ロイター】
日本代表にブーイングが鳴り響く【写真:ロイター】

入場チケット約4万5000枚がほぼ完売、大勢のイラクサポーターが現地で応援

 日本代表は1月19日にアジアカップのグループステージ第2戦でイラク代表と対戦。多くのイラクサポーターが駆けつけたなか、日本がボールを持つたびにブーイングが鳴り響く雰囲気となり、日本のファンも驚きを露わにしている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 入場チケット約4万5000枚がほぼ完売と伝えられた一戦。会場のエデュケーション・シティ・スタジアムには日本ファンだけでなく、大勢のイラクファンが駆けつけており、日本がボールを持つたびに大ブーイングが鳴り響いた。

 試合は前半5分に日本が右サイドを崩され、中央へのクロスをGK鈴木彩艶が弾いたものの、流れたボールをFWアイメン・フセインにヘディングで押し込まれて失点した。するとイラクサポーターが一層盛り上がり、その後も日本がボールを持つとブーイングが響いた。

 文字どおりブーイングの嵐となり、「えぐいな」「ブーイングのせいで、ピッチ上の声掛け、聞こえているかな?」「圧倒的アウェー」「アウェーすぎる」「このブーイング、シビれるな」と日本ファンの間で反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング