日本、いきなり失点 イラク戦の立ち上がり5分に痛恨被弾…0-1ビハインド

日本代表が立ち上がりに先制ゴールを献上【写真:ロイター】
日本代表が立ち上がりに先制ゴールを献上【写真:ロイター】

アジア杯グループ2戦目でイラクと対戦

 日本代表は1月19日にアジアの代表チームナンバーワンを決めるアジアカップのグループステージ第2戦でイラク代表と対戦し、立ち上がりに痛恨被弾を喫した。

【PR】「ABEMA de DAZN」なら、ラ・リーガやJリーグもオトクに視聴 スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 カタール開催の今大会、日本はベトナムに4-2、イラクはインドネシアに3-1でそれぞれ勝利して大会に入った。日本を率いる森保一監督は初戦からスタメンを2人変更。2列目は右からMF伊東純也、MF久保建英、MF南野拓実の並びになり、最前線にはFW浅野拓磨が入った。

 その立ち上がり5分、日本はサイドチェンジから右サイドを切り崩されると中央へのクロスをGK鈴木彩艶が弾いたところをFWアイメン・フセインにヘディングで押し込まれて失点。日本は2失点したベトナム戦に続き前半での失点になってしまった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング