森保監督、元日タイ戦快勝でファンに感謝 「選手の頑張りがみなさんのエールになれば」

日本代表の森保一監督【写真:徳原隆元】
日本代表の森保一監督【写真:徳原隆元】

タイ相手に5-0で快勝

 森保一監督の率いる日本代表は、1月1日に史上初の元日開催となる国際親善試合でタイ代表と対戦し、5-0と快勝した。森保監督は試合後、「選手の頑張りがみなさんのエールになればと思います」と語った。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 森保監督は0-0で前半を折り返したハーフタイムにMF伊藤涼太郎とMF奥抜侃志に代えてMF堂安律とMF中村敬斗を投入。すると攻撃が活性化して後半5分、堂安から伊東へのサイドチェンジが通るとMF田中碧が中央から進出。相手に当たりながら伊東からのラストパスが田中に通るとシュートを押し込み、2024年の日本代表初ゴールとなり先制に成功した。

 その直後は勢いよくゴールに迫った日本は後半16分に中村がペナルティーエリア内で右足シュートを放つも、強烈な一撃はゴールポストを直撃して追加点とはならなかった。森保監督は後半23分に伊東に代えてMF南野拓実、DF森下龍矢に代え代表デビューのDF三浦颯太をピッチに送り込んだ。

 日本は後半27分、厚みのある攻撃からMF佐野海舟がシュートを放つとGKが弾いたこぼれ球を中村が蹴り込んで追加点。さらに後半29分には堂安のコーナーキックをFW細谷真大が合わせたところから相手のオウンゴールが生まれた。また、ラスト10分を迎えるタイミングでDF菅原由勢と代表デビューのMF川村拓夢がピッチに立った。すると後半37分には右からボールに頭で合わせた川村が、GKに弾かれたボールを自ら押し込んでデビュー戦での代表初ゴールを決めた。

 後半アディショナルタイムには南野が決めた森保ジャパンは5-0で勝利し、24年を白星スタートとした。

 森保監督は試合後、「今日2024年元日にスタジアムの日に来てくれてありがとうございます。テレビの前で応援してくれている全国の方々ありがとうございます。選手の頑張りがみなさんのエールになればと思います」と語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング