「シャンペンも酒も飲めるし、食事もできる」 日本のプレッシャーの緩さにハリル監督がダメ出し

欧州と日本のサッカーを比較するハリルホジッチ監督 独特の表現で日本の課題を指摘

 日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は日本サッカー界のプレッシャーの緩さを課題に挙げ、「日本ではボールを持っている間に、シャンペンも酒も飲めるし、食事もできる」と大げさに一刀両断している。

 「デュエル」という言葉を多用し、1対1と局面の激しさを求めるハリル監督は、日本サッカー界のあまりにスローな展開とプレッシャーの緩さを断罪した。

「欧州と日本のサッカーの間には、ファイティングスプリットという点で違いが存在する。日本ではチャレンジの数字が全く欠如している。レアルとバルセロナではボールを持った時、コンマ数秒しか時間がない。彼らはボールを持つ前から反応している。だが、日本では? みんな、すごく時間がある。時間があり過ぎて、シャンペンもお酒も飲める。食事もできる。なぜなら、ボールを持ちながらそこまでの時間があるからだ」

 実際にピッチ上でボールを保持しながら、飲酒や食事をすることはないが、日本サッカーの緩さを独特の表現で指摘している。

「本当の戦いはここから始まる。準備できる時間を見つけることができればできるほど、ホームでもアウェーでもいいプレーができるはずだ」

 プレッシャーが厳しい環境でプレーするようになれば、事前の動き出しが正確さを増し、速くなる。ハリル監督は日本サッカー界に厳しくダメ出しをしていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング