ネイマール、来夏コパ・アメリカ欠場へ 代表チーム医師が明言「8月頃の復帰を目指す」

ブラジル代表のネイマール【写真:徳原隆元】
ブラジル代表のネイマール【写真:徳原隆元】

南米予選ウルグアイ戦で左膝負傷、長期離脱で早期復帰は困難に

 サウジアラビアのアル・ヒラルに所属するブラジル代表FWネイマールは左膝の負傷により長期離脱している。今季中の復帰は絶望と見られていたなか、代表チームのドクターは来年6月に開幕するコパ・アメリカ(南米選手権)の欠場を明言している。同大会での復帰は時期尚早だと指摘している。

【PR】プレミア見るならABEMA! 三笘薫や遠藤航の活躍が、スマホやテレビでいつでも&どこでも見放題!

 ネイマールは今夏にフランス1部パリ・サンジェルマンからアル・ヒラルへ移籍。スター選手が集まる中東で新たな一歩を踏み出していたが、10月の南米予選ウルグアイ戦で負傷。11月2日に左膝の前十字靭帯と半月板の手術を受け、今季中の復帰は絶望と伝えられていた。

 来夏には南米王者を決めるコパ・アメリカが開催されることからネイマールの復帰時期については注目が集まる。英紙「デイリー・メール」によればブラジル代表のドクターであるロドリゴ・ラスマール氏は、同国ラジオ「Radio 98」でコパ・アメリカ出場の可能性はないと明言していた。

「それ(コパ・アメリカの出場)はあまりにも早すぎる。リカバリーのステップを飛ばしては意味がない。我々の予測では、2024年のヨーロッパのカレンダーが始まる8月頃の復帰を目指している」

 膝の大怪我から復帰を目指してリハビリ中のネイマール。ピッチに戻ってくるのは8か月ほど先になる見込みのようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング