2部降格危機の名門バレンシアに激震… プランデッリ監督が在任わずか3カ月で電撃辞任

国王杯2勝もリーグ戦7試合勝ち星なし

 スペインの強豪バレンシアのイタリア人指揮官チェーザレ・プランデッリ氏が、電撃辞任したことが明らかになった。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 パルマ時代に元日本代表MF中田英寿を指導し、イタリア代表などを率いた戦術家プランデッリ監督は、今季開幕後の10月2日、成績不振のパコ・アジェスタラン前監督解任後、後任に就任していた。2018年6月30日までの長期契約を結んだことが発表されていたが、わずか3カ月で電撃辞任となった。

 就任後の成績はリーグ戦で1勝3分4敗と苦戦。国王杯では2勝を収めたが、リーグ戦では7試合勝ち星なしとなっている。冬の移籍市場では、今夏の欧州選手権にイタリア代表として出場したFWシモーネ・ザザ(ウェストハム)の獲得に乗り出したと欧州メディアで報じられるなど、立て直しに動いていただけに意外なタイミングでの辞任表明となった。

 

page1 page2

トレンド

ランキング