マンUの英雄ギグスがプレミアに帰還? 迷走するスウォンジー新監督候補に再浮上

今季途中就任のブラッドリー監督をわずか85日間で解任

 元マンチェスター・ユナイテッドのライアン・ギグス氏が、ボブ・ブラッドリー前監督を解任したばかりのスウォンジーの新監督候補に再浮上している。英公共放送「BBC」が報じている。

 今季のスウォンジーは激震続きだ。フランチェスコ・グイドリン氏の下でシーズンをスタートするも成績不振のために更迭され、ブラッドリー氏が招聘された。同氏はプレミアリーグ初のアメリカ人指揮官となったが、指揮した11試合で7敗を喫するなど散々な結果に終わり、わずか85日間で解任された。

 31日に行われるボーンマス戦はアラン・カーティスとポール・ウィリアムズの両コーチが暫定的に指揮を執るが、後任探しは急務となっている。

 そこで浮上しているのが、グイドリン氏の解任時にも後任監督候補に浮上していたギグス氏だ。その時は方向性の違いによってスウォンジーからのオファーを断ったと明かしていたが、急展開で就任の可能性が再浮上している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング