アーセナルが後半戦逆襲の切り札にパイェ獲得か 英紙が電撃移籍の可能性を指摘

今季11位と低迷するウェストハム パイェの去就問題が浮上

 プレミアリーグ4位のアーセナルが後半戦の逆襲の切り札として、ウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェを獲得する可能性が浮上している。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じている。

 “魔術師”の異名を持つFKのスペシャリストは、昨季プレミアリーグのベストイレブンに選出される活躍を見せた。今季所属するウェストハムは本拠地をロンドン・オリンピックスタジアムに移転し、躍進も期待されたが序盤戦から低迷し、現在も11位と苦しいシーズンを送っている。

 パイェの負担を軽くするためのストライカー獲得に失敗するなど、後手を踏むクラブの強化策も不安材料となり、「ウェストハムにおけるピッチ内外の問題が、バロンドール候補者(パイェ)の東ロンドンにおける去就に疑問を投げかけている」と、記事では今冬の電撃移籍の可能性を指摘している。

 

page1 page2

トレンド

ランキング