森保ジャパン、28年ぶり最長タイの国際Aマッチ8連勝で韓国メディア注目 「勢いが恐ろしい」

シリアとのアウェー戦で5-0圧勝【写真:Getty Images】
シリアとのアウェー戦で5-0圧勝【写真:Getty Images】

久保建英や上田綺世が攻撃を牽引

 森保一監督率いる日本代表は、11月21日にサウジアラビア・ジッダで行われた北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦でシリア代表と対戦し、5-0で快勝した。国際Aマッチ8連勝は、日本代表の歴史において最長タイ。韓国メディアも「日本の勢いが恐ろしい」と伝えている。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 日本は前半32分にMF久保建英が豪快な左足ミドルで先制すると、前半のうちにFW上田綺世が2ゴールで追加点。さらに、後半にもDF菅原由勢の直接フリーキック弾、最後は途中出場のFW細谷真大がA代表初ゴールで締めくくり、5-0で快勝した。

 日本は6月のエルサルバドル戦(6-0)戦から破竹の8連勝。これは27年ぶりの記録で、1970年8月8日~70年12月17日、93年3月14日~1993年5月5日、96年5月26日~96年12月12日と並ぶ最長タイとなる。

 英誌「フォーフォートゥー」韓国語版は「勝者は日本」と取り上げ、「日本の勢いが恐ろしい。シリアに大勝した日本が国際Aマッチ8連勝をマークした」と伝えていた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング