森保ジャパン5発圧勝! 久保、上田2発、菅原&細谷がA代表初ゴール…シリアを5-0で一蹴

日本はシリア相手に快勝【写真:Getty Images】
日本はシリア相手に快勝【写真:Getty Images】

中立地のサウジアラビアで実施、ミャンマー戦に続きW杯予選2連勝

 日本代表は現地時間11月21日に2026年北中米共催ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選第2戦、中立地サウジアラビアで行われたシリアとのアウェーゲームに臨み、MF久保建英が先制ゴールを奪いFW上田綺世が2得点するなど5-0で連勝を飾った。

【PR】ABEMA de DAZNで欧州サッカー生中継!伊東・鎌田ら注目の日本人選手所属クラブの試合を一部無料生中継!

 日本は16日にホームで行われた初戦ミャンマー戦に5-0で快勝。森保一監督はそのゲームでハットトリックしたFW上田綺世と、前半のみ出場のDF谷口彰悟を除く9人のスタメンを入れ替えた。主将のMF遠藤航をアンカーに、MF守田英正とMF久保建英がインサイドハーフ。右にFW伊東純也、左にFW浅野拓磨が開いて中央に上田が構えた。一方のシリアは初戦で北朝鮮と中立地サウジアラビアで対戦して1-0の勝利を収めている。

 立ち上がりから敵陣でゲームを進める日本は前半6分、久保のスルーパスをペナルティーエリア内で受けた上田が角度のないところから右足シュート。相手GKにセーブされたものの、相手ゴールを脅かすスタートになった。押し込んでいる展開の中で前半24分にはコーナーキックからニアで守田がコースを変えた後に上田がヘディングで狙ったが、こぼれ球も含め押し込めず。上田のシュートの時点で相手GKと近接していた浅野がオフサイドとなり先制のチャンスを逸した。

 そうした中で迎えた前半32分、右サイドから組み立てて完全に押し込んだ後に相手の最終ラインの前でボールを受けた久保が、中央に持ち出して左足ミドル。これがニアサイドに突き刺さって日本が先制点を奪った。さらに同37分、攻撃参加したDF伊藤洋輝のクロスをファーサイドで伊東が折り返し、中央の上田が蹴り込んで2次予選2試合連続ゴールとなる2点目。さらに同40分には右サイドからパスワークで侵入し、伊東のラストパスを上田が押し込んで3-0とリードを広げ前半を終えた。

 さら日本は後半の立ち上がり2分、ゴール正面やや左サイドでフリーキックのチャンスを得ると、助走に入った久保がボールを中央方向に軽く蹴るトリックプレー。そこに走り込んだDF菅原由勢が右足シュートを決め、リードを4点とした。森保監督は後半20分に上田と浅野に代え、MF南野拓実とFW細谷真大をピッチに送り込んだ。ここで日本はシステムを4-2-3-1に変更した。

 後半も全体的には日本が支配して相手に自陣ペナルティーエリア内まで入られる形は数えるほどしか作らせなかった。後半37分にはゴール正面でボールを受けた細谷が蹴り込んで5-0とした日本は2連勝で勝ち点を6に伸ばして首位をキープ。同日に6-1でミャンマーに勝利した北朝鮮とシリアが勝ち点3で並び、ミャンマーは2連敗。日本は3月に北朝鮮とホーム&アウェーの連戦が予定されている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング