現森保ジャパンは「めちゃくちゃ強い」 好調な戦いぶりに日本代表OBが見解「史上最強」

日本代表がシリア相手に4点をリード【写真:Getty Images】
日本代表がシリア相手に4点をリード【写真:Getty Images】

元日本代表FW李忠成がSNSで日本代表に言及

 森保一監督率いる日本代表は11月21日、サウジアラビア・ジッダで行われた北中米共催ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第2戦でシリア代表と対戦。MF久保建英が先制ゴールを奪い、FW上田綺世が2得点して3-0のリードでハーフタイムを迎えた。元日本代表FW李忠成は、「今の日本代表はめちゃくちゃ強い。史上最強だと思っています」と見解を語った。

 立ち上がりから敵陣でゲームを進める日本は前半6分、久保のスルーパスをペナルティーエリア内で受けた上田が角度のないところから右足シュート。相手GKにセーブされたものの、相手ゴールを脅かすスタートになった。押し込んでいる展開の中で前半24分にはコーナーキックからニアでMF守田英正がコースを変えたあとに上田がヘディングで狙ったが、こぼれ球も含め押し込めず。上田のシュートの時点で相手GKと近接していたFW浅野拓磨がオフサイドとなって先制のチャンスを逸した。

 そうしたなかで迎えた前半32分、右サイドから組み立てて完全に押し込んだあとに相手の最終ラインの前でボールを受けた久保が、中央に持ち出して左足ミドル。これがニアサイドに突き刺さって日本が先制点を奪った。さらに同37分、攻撃参加したDF伊藤洋輝のクロスをファーサイドでMF伊東純也が折り返し、中央の上田が蹴り込んで2次予選2試合連続ゴールとなる2点目。同40分には右サイドからパスワークで侵入し、伊東のラストパスを上田が押し込んで3-0とリードを広げ、前半を終えた。

 今季限りでの現役引退を表明している李忠成はインスタグラムのライブ配信で森保ジャパンの戦いに言及。「久保くんが10番のポジション(トップ下)でボールを持って前に駆け上がっていくとチャンスになる。久保くんがフリーで、伊東選手と浅野選手が前へ前へ行ったら止めようがない。パス出し放題。久保くんがもっと上のレベルでどれだけできるか見てみたい」と、久保を中心とした攻撃について語った。

 また、防戦一方となったシリアについても「シリアがディフェンスに来ない。どうやって勝とうとしているんだろう。シリアのディフェンスがザルになってきた。久保くんをフリーにしたら点が入りまくるぞ」と指摘。「今の日本代表をどう見ていますか?」というファンからの質問には、「めちゃくちゃ強い。史上最強だと思っています」と見解を述べていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド