久保建英、シリア戦で圧巻ゴール! 絶賛の嵐「素晴らしいゴラッソ」「ワールドクラス」

先制ゴールを決めた久保建英【写真:徳原隆元】
先制ゴールを決めた久保建英【写真:徳原隆元】

中立地サウジアラビア・ジッダ開催、日本代表がシリア戦で先制

 森保一監督率いる日本代表は11月21日、中立地サウジアラビア・ジッダ開催の北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でシリアと対戦。前半32分にMF久保建英が左足で弾丸のミドルシュートを決めて先制点を奪ったなか、「素晴らしいゴラッソ」など絶賛の声が上がっている。

 試合会場のプリンス・アブドゥッラー・アル・ファイサル・スタジアムにはシリアの大応援団が駆け付けたなか、日本代表は4-1-4-1システムでスタート。前半6分に久保のスルーパスにFW上田綺世が抜け出し、シュートはGKにキャッチされたものの、序盤から日本がペースを握る。

 そしてスコアが動いたのは前半32分だった。日本がパス回しから相手の陣形を揺さぶり、右サイドから相手ペナルティーエリア手前で仕掛けて横パス。ボールを受けた久保が左足を振り抜くと、強烈な一撃がネットに突き刺さった。

 日本代表の公式X(旧ツイッター)が先制ゴールを速報すると、「ナイスゴール」「ナイスミドル圧巻!!」「素晴らしいゴラッソ」「ワールドクラス」など絶賛の声がファン・サポーターから上がっている。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド