試合日も放送未定の日本×シリア戦「残念」「悲しい」「未来のため」「英断」…ファン落胆と理解の声

シリア戦の放送未定にファン反応【写真:徳原隆元】
シリア戦の放送未定にファン反応【写真:徳原隆元】

シリア戦の状況にファン反応「地上波もネットも放送無いのか…」

 森保一監督率いる日本代表は、11月21日(日本時間21日23時45分キックオフ)に中立地のサウジアラビア・ジッダで北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のシリア代表戦に臨む。試合当日になっても日本国内での放送が決まっていないなか、ファンから落胆と理解の声などが上がっている。

 今回の試合放映権を持つUAE(アラブ首長国連邦)の代理店と日本側で交渉を続けてきたなか、提示された放送権料は高額だったことから、試合当日の21日13時時点で日本国内での放送は未定となっている。

 日本サッカー協会が21日11時過ぎに投稿した公式X(旧ツイッター)にて、放送情報を記載していない試合情報とともに、「本アカウントにて試合のテキスト速報を行います」と発表している。

 シリア戦の国内放送は未定となっているなか、ファン・サポーターもさまざまな反応を見せている。「地上波もネットも放送無いのか…」「楽しみだったのに残念」「放送しないの悲しい」など落胆の声が広がった。

 一方で、高騰する放送権料の背景を踏まえて、「未来のために高い放映権買わないのはしょうがないかな」「今回は残念ですけど配信なしでも仕方ない!」「法外な放映料をボッタクられる事なく毅然とした態度であるべき姿を示した英断、素晴らしいと思います!」など理解の声も上がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド