「ノールック気味でいい質のパス」 内田篤人氏、鎌田弾“お膳立て”プレーに熱視線

田中碧の縦パスに称賛の声【写真:徳原隆元】
田中碧の縦パスに称賛の声【写真:徳原隆元】

W杯アジア2次予選初戦でミャンマーと対戦

 森保一監督率いる日本代表は11月16日に北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でミャンマー代表と対戦。前半11分にFW上田綺世のゴールで先制。同28分にはMF鎌田大地が左足のミドルシュートで追加点を奪った。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 ミャンマーが最終ラインに人数を割いて守りを固めるなか、日本は前半11分にMF南野拓実の浮き球のパスから上田が頭で押し込み、試合の均衡を破った。

 1-0のまま推移して迎えた前半25分あたりでテレビ朝日で解説を務めた内田篤人氏は「ミャンマーが少しずつ慣れてきている部分がある。もう少しダイナミックなプレーがほしいです」とし、ワンタッチ、ツータッチでの素早いパス交換からの打開が必要だと強調した。

 そうしたなかで前半28分、MF田中碧の縦パスを受け鎌田がドリブルで持ち込み、左足の強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。内田氏は「田中碧がノールック気味でいい質のパスでした」とゴールを導いた田中のパスがキーになっていたと語った。

 そして得点者の鎌田については「イタリアに渡って出場機会を確保できているわけではないなかで、結果が出たのは非常に嬉しい」と語った。鎌田は今季加入したイタリア1部ラツィオで苦戦していただけに、内田氏は代表戦での活躍を喜んでいた。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

【読者アンケート】ミャンマー戦@ベストコンビ

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング