“コンテ・チェルシー”が怒涛のリーグ11連勝! 過去4度達成の大記録に到達し、更新も射程圏内

コンテ監督率いるチェルシーの11連勝を英メディアが特集 来年初戦で記録更新も

 プレミアリーグで首位を走るチェルシーは17日の第17節、敵地クリスタル・パレス戦で1-0と勝利し、怒涛のリーグ11連勝を飾っている。過去に4度しか達成されていないこの記録に到達した“ブルーズ”は、リーグ記録の更新も視野に入れている。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が連勝記録について特集した。

 アントニオ・コンテ監督率いるチェルシー以外に11連勝を達成した例は1999-2000シーズンと08-09シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、2013-14シーズンのリバプールだ。ユナイテッドはいずれのシーズンもリーグ優勝を果たし、リバプールもマンチェスター・シティとの熾烈な優勝争いを演じたなかでの快進撃だった。

 これらを唯一上回るのが01-02シーズンのアーセナルが成し遂げた13連勝。アーセナルというと無敗優勝を成し遂げた03-04シーズンが印象的だが、その2シーズン前にもリーグタイトルを獲得しており、この時に連勝記録を作っていた。無敗優勝の立役者となったFWティエリー・アンリやMFフレドリック・リュングベリらがすでに主力として活躍していた。この年は圧倒的な強さでFAカップとのダブルを達成している。

 プレミアリーグは年内残り2試合。チェルシーは今の勢いを持続すれば、2016年中に偉大な記録に並ぶことになる。26日のボーンマス戦、31日のストーク・シティ戦とホームでの連戦。そして、記録更新が懸かる新年最初の試合は1月4日の敵地トットナム戦というビッグマッチとなる。“コンテ・チェルシー”は連勝街道をどこまで突っ走るのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

トレンド

ランキング