サッカー日本女子代表は「正真正銘のスーパーチームだ」 北朝鮮撃破で圧勝の“金”に中国激賞

アジア大会連覇を成し遂げた日本女子代表【写真:ロイター】
アジア大会連覇を成し遂げた日本女子代表【写真:ロイター】

「後半に入ると日本が大暴れ」 北朝鮮に4-1勝利の日本が史上初の大会連覇

 サッカー日本女子代表は、10月6日に中国・杭州で開催のアジア大会決勝で北朝鮮と対戦。後半に3ゴールを挙げるなど4-1で勝利を収めた日本が金メダルを獲得し、大会史上初の連覇を達成した。中国メディア「SOHU」は「日本はまさに正真正銘のスーパーチームだ」と激賞した。

【PR】Jリーグ全試合配信、サッカー観るならDAZN! オリジナル番組も充実

 試合は前半10分にMF中嶋淑乃の一撃で日本が先制。その後に被弾して1-1のまま後半へ突入するも、同21分にFW大澤春花、同24分にMF谷川萌々子、同27分にFW千葉玲海菜が連続ゴールを奪い、4-1で日本が完勝した。

 記事では「結果は予想外だった」と触れ、「前回優勝の日本と北朝鮮が対戦し、両国の実力は比較的近いと当初考えられていた。後半に入ると日本が大暴れし、6分間で3ゴールを奪った」と試合を振り返った。

 今年の女子ワールドカップ(W杯)でプレーしたメンバーらは選外で、WEリーグに所属する選手たちを中心に構成された日本は、即席チームとも言えるなかで見事に金メダルを獲得。厚い選手層を誇り、個々の高い能力も見せつけたなか、「日本女子チームはアジアにおいてまさに正真正銘のスーパーチームだ」と中国メディアも絶賛していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド