「カッコいいゴールではなかったけど…」 移籍後初ゴールの小林祐希「新しい自分を見つけた」と自賛

第15節GAイーグルス戦後、喜びをSNS上に綴り「初ゴールを取ることが出来ました!」

 日本代表のヘーレンフェーンMF小林祐希が、3日のエールディヴィジ第15節敵地GAイーグルス戦で11試合連続の先発出場を果たし、移籍後初ゴールを決めた。今夏にジュビロ磐田から移籍後、自身初のゴールに「エールディヴィジ初ゴールを取ることが出来ました!」と自身のインスタグラムで喜びを綴っている。

 試合は相手に先制される苦しい展開も、前半20分と同27分にFWグーチャンネジャードが立て続けに決めてヘーレンフェーンが逆転に成功。さらに同45分、シュートのこぼれ球に素早く反応した小林は走り込みながら冷静に左足で合わせてゴール左に流し込んだ。チームメイトに囲まれ、移籍後初ゴールを祝福された。

 試合はそのまま3-1で終了し、逆転勝利を飾ったヘーレンフェーンは今季7勝目を挙げて4位に浮上した。小林は初ゴールの喜びを語りつつ、自身の一撃をこう振り返っている。

「カッコいいゴールではなかったけど、今まで取ったことのない形でのゴールだったからまた新しい自分を見つけることができました!」

 

page1 page2

トレンド

ランキング