アーセナル冨安、7分間で警告2枚→退場判定に海外厳しい目 「非常に滑稽なシーン」「とんでもない」

クリスタル・パレス戦で退場となった冨安健洋【写真:ロイター】
クリスタル・パレス戦で退場となった冨安健洋【写真:ロイター】

遅延行為とファウルでイエローカード2枚を提示される

 イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は、現地時間8月21日に行われたプレミアリーグ第2節クリスタル・パレス戦(1-0)で左サイドバックとして先発出場するも、後半22分に2枚目のイエローカードを受けて退場処分となった。海外メディアでは、冨安退場に対するジャッジに関して反響が拡大している。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 後半8分にノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールのPKで先制したアーセナルだったが、同22分に冨安がクリスタル・パレスのガーナ代表FWジョルダン・アイェウを背後から倒したプレーにイエローカードが出され、すでにスローインの遅延行為としてイエローカードをもらっていたことで、2枚目の警告で退場処分となった。

 海外スポーツサイト「blue News」は「7分間、今年最も恥ずかしい退場?」と見出しを打ち、「アーセナルはクリスタル・パレスに(1-0と)僅差で勝利した。しかし、話題になったのは試合結果ではなく、冨安健洋のとんでもない退場処分だった」と取り上げている。

「アーセナルは現在、マンチェスター・シティ、ブライトンと並んで無敗を誇っている。にもかかわらず、クリスタル・パレス戦では怒りが渦巻いていた。その理由は、後半に冨安健洋が2度の警告を受けて退場処分となったのだ。後半15分、遅延行為で1枚目のイエローカードを受けた。デイビッド・クート主審によれば、冨安はボールを投げるまでに時間がかかりすぎたという。そのわずか7分後、冨安はジョルダン・アイェウとの最小限の接触で2枚目のイエローカードを提示された。非常に滑稽な判定シーンは、ソーシャルメディア上で瞬く間に拡散された」

 ルールの兼ね合いもあり、冨安のプレーではなく、提示された2枚のイエローカードに関するジャッジが注目を集める結果となった。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング