イニエスタ、新天地は「もう少し待たなきゃいけない状況」 現況明かす…中東やMLSなどが候補か

神戸を退団するアンドレス・イニエスタ【写真:ロイター】
神戸を退団するアンドレス・イニエスタ【写真:ロイター】

ラスト試合は先発で57分間プレー

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは7月1日、J1リーグ第19節北海道コンサドーレ札幌戦でラストマッチを迎え、先発出場で57分間プレーした。1-1で引き分けた一戦で、前半からイニエスタらしいパスやシュートを披露。退団セレモニーでは大粒の涙を見せて最後の試合を終えたイニエスタは、新天地の現況について話した。

【注目】白熱するJリーグ、一部の試合を無料ライブ配信! 簡単登録ですぐ視聴できる「DAZN Freemium」はここから

 トップ下に入ったイニエスタがまず見せたのが前半34分、右サイドでふわりとした浮き球パスでチャンスを演出。これはDF酒井高徳に通らなかったが、最終ラインの裏を突くイニエスタらしいパスとなった。続く同36分には、ペナルティーエリア内で相手DFを1人かわしてシュート。だが、惜しくもDFにブロックされてしまった。

 後半もピッチに立ったイニエスタ。ハーフタイムからはFW大迫勇也も投入されたなか、開始20秒で大迫が倒され約20mでFKを獲得。イニエスタがキッカーを務めると、ゴール前へのボールは味方に合わなかった。

 そして、イニエスタにとって神戸のピッチに終わりが来る。同12分にMF佐々木大樹と交代が告げられると、満員のスタジアムから大歓声が送られた。主将マークを取り、MF山口蛍へ渡すと佐々木とハグしてピッチに一礼。札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督と約5秒間の熱い抱擁を交わした。57分間のプレーで日本での最後の試合を終え、チームは1-1で引き分けた。

 試合後、取材に応じたイニエスタは新天地について問われると「まず新天地はまだ分からない。もう少し待たなきゃいけない状況で次のところがどこになるのかはまだ分からない状況」と現況を明かした。イニエスタには中東やMLS、アルゼンチンなどが関心を寄せていると噂されている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド