元日本代表監督ザッケローニ氏「視力が下がり、記憶障害がある」 頭部強打事故の“爪痕”告白

かつて日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ監督【写真:Getty Images】
かつて日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ監督【写真:Getty Images】

今年2月に自宅で頭部強打の事故、大惨事後初のインタビューに対応

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が母国メディアのインタビューに応じ、今年2月に自宅で転倒後、頭部を強打した事故を振り返った。現在の状態にも言及し「視力が下がり、記憶障害がある」と明かしている。

 2010年秋から14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)まで日本代表の指揮を執ったザッケローニ氏は、今年2月10日に自宅の階段で転倒して頭部を強打。一時は集中治療室へ入院し治療を続ける状態にもあったが、先月に退院し自宅へと戻ることができた。

 そんなザッケローニ氏がこのほど、母国メディア「コリエレ・デラ・セーラ」にて、事故以来初めてとなるインタビューに応じ、愛犬を抱きながら自宅の階段を下りた際、バランスを崩し頭部を強打する惨事になった当時の様子や現況を語った。

 転倒したザッケローニ氏の姿をいち早く発見したのは妻のフルビアさんだったそうで、「フルビアが通報してくれて、チェゼーナのブファリーニ病院に運ばれ、集中治療室に収容されたんだ。鎮静剤を投与され、意識が朦朧としていました」と振り返っている。

 その後、治療が施されたが「集中治療室での1か月間は何も覚えていない」と回想。昏睡状態から目覚め病院のベッドで過ごす日々を送ったザッケローニ氏は「1か月間ベッドに横たわっていた自分の脚はまるで老人のようでした。私の筋肉はどこに行ってしまったのか」と、衰弱した姿に衝撃を受けたことも明かした。

 現在は「視力が2段階ほど下がってしまったが、最初のダメージを考えれば少ないほうだ。運転免許は、取り戻すまでにテストを受けなければならないので持っていないし、短期記憶障害もある」と事故の爪痕が残っていることを告白。「以前はウォーキングが趣味だったとしたら、今は必需品です。昨日は10キロ走った。筋力を回復させるために頑張っているんだ」と、完全復活へ意欲を覗かせた。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド