元日本代表監督ザッケローニ氏、一般病棟へ転院と海外報道 頭部強打により集中治療室で治療

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏【写真:Getty Images】

2月10日に自宅の階段で転倒して頭部を強打

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、集中治療室での治療を終えて一般病棟へと移ったと衛星放送「スカイ・イタリア」などが報じている。

 2010年秋から14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)まで日本代表の指揮を執ったザッケローニ氏は、2月10日に自宅の階段で転倒して頭部を強打。近郊のマウリツィオ・ファブリーニ病院の集中治療室へと入院し、治療が続いていた。

 そして、このたびザッケローニ氏は同病院を退院し、自宅近郊のリハビリテーション病院の一般病棟へと転院したという。状態は改善されたものの、まだ完全に安定した状態には至っていないとされている。

 ザッケローニ氏はウディネーゼ時代に3-4-3の攻撃的システムで名を馳せ、ACミランでリーグ優勝を達成。ほかにもインテルやユベントスの指揮を執り「北の3強」と呼ばれる3つのビッグクラブで監督を歴任。日本代表では4-2-3-1システムを軸に、MF香川真司やMF本田圭佑らを擁した2011年のアジアカップを優勝した。

 2017年から19年まで務めたUAE代表監督でのキャリアを最後に監督業からの引退を宣言し、イタリアサッカー界でコメンテーターを務めていたザッケローニ氏に起こったアクシデントだったが、まずは1つ回復の段階が進んだようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド