中山雄太が「本当に心苦しい」 クラブスタッフSNSメッセージ発信、W杯欠場の悪夢に思いやり「我々はサポートする」

ハダースフィールド・タウンの中山雄太【写真:Getty Images】
ハダースフィールド・タウンの中山雄太【写真:Getty Images】

ハダースフィールド・タウンが今季絶望の大怪我を発表、W杯参加が不可能に

 カタール・ワールドカップ(W杯)メンバーの日本代表DF中山雄太が、今季絶望の大怪我を負ったことが判明したなか、所属するイングランド2部ハダースフィールド・タウンのスタッフがSNS上でメッセージを投稿。W杯出場が絶望的となったことを受け「本当に心苦しい」と思いやった。

 日本代表の左サイドバックを主に務めてきた中山は、11月1日に発表されたカタールW杯メンバー26人に選出。自身初となる大舞台のメンバー入りという吉報を受けた矢先、クラブ側から2日のサンダーランド戦でアキレス腱を負傷したことが発表された。

 クラブのリリースによると手術が必要となる今季絶望の大怪我だとされ、「日本代表として選出されていたFIFAワールドカップにも参加できないことになった」と、W杯出場が絶望的となったことも明らかに。大会開幕を目前に控えるなか、森保ジャパンにとっては大打撃のニュースとなった。

 本人へも大ショックを与えた大怪我の一報を受け、クラブスタッフからも思いやりのメッセージが発信されている。GKコーチのポール・クレメンツ氏は自身のツイッター上で「ワールドカップという、ほとんどの選手にとっての夢を逃すことはとても残酷なことで、数週間後に迫っていた大会へ出場する一流の人間に対する残酷な事態です。我々はどんな形であれユウタをサポートする」と綴った。

 また、アシスタントコーチのナルシス“チッチョ”ペラチ氏もツイッター上で「このたびのニュースは本当に心苦しい。我々は君のそばにいて、できる限りのサポートをします」とツイートするなど、中山を襲った悪夢はクラブ内にも衝撃を与えていた。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング