ドリブル成功率100% 三笘薫、「印象的なプレミア初先発」を英識者が高評価「左サイドで脅威を生んだ」

チェルシー戦にスタメン出場した三笘薫【写真:Getty Images】
チェルシー戦にスタメン出場した三笘薫【写真:Getty Images】

チェルシー相手に攻撃を牽引し、スタメン起用に応える

 イングランド1部ブライトンの日本代表FW三笘薫は、10月29日のプレミアリーグ第14節チェルシー戦で初スタメン&初アシストを記録して4-1の勝利に貢献した。右足首負傷から復帰していきなりの活躍に、英識者も「左サイドで脅威を生んだ」と評価している。

 本拠地にチェルシーを迎えたブライトンは前半5分に先制に成功する。ピッチ中央でボール持った三笘がドリブルで3人を引き付けてペナルティーエリア内へ侵入し、中央へラストパスを供給。これを受けたFWレアンドロ・トロサールが巧みに流し込み、三笘には今季初アシストが記録された。

 その後、2つのオウンゴールでリードを広げ、前半を3-0で折り返したブライトンは、後半3分にFWカイ・ハフェルツのゴールで点差を縮められるなどチェルシーに試合の主導権を握られたが、粘り強く守ってそれ以上の反撃は許さず。終了間際にはMFパスカル・グロスがダメ押しの4点目を奪った。

 三笘は10月14日のプレミアリーグ第11節ブレントフォード戦(0-2)で右足を負傷。2試合を欠場し、3戦ぶりの復帰となった一戦でいきなりの初スタメンに抜擢に見事に応えた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」や英公共放送「BBC」でフットボールアナリストを務めるスタマン・デイブ氏は自身のツイッターで、三笘がボールタッチ32回、ドリブル成功率100%、地上戦デュエル5回中3回勝利、タックル3回中2回成功、キーパスとビッグチャンス創出をそれぞれ1回記録したことを紹介しつつ、「印象的なプレミア初先発」「左サイドで脅威を生んだ」と称賛していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド