闘莉王、尊敬する名将2位に元日本代表監督オシム氏 “奥深さ”を力説「若い人間には理解が難しい」

かつて日本代表を率いたオシム氏【写真:Getty Images】
かつて日本代表を率いたオシム氏【写真:Getty Images】

「オシムさんは深かった。サッカーも深かった」と回想

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が、今年この世を去った元日本代表監督のイビチャ・オシム氏の言葉の深さについて「若い人間には理解が難しい」と持論を展開している。

 闘莉王氏のYouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新回は人生で関わった名将。尊敬する名監督で2位に挙げたのは、日本代表で指導を受けたオシム氏だった。

 独特の語録で話題を集めた世界的な名監督だったが、「オシムさんは深かった。サッカーも深かった。グラウンド外のコミュニケーションも考えさせられる言葉しかこない。ストレートにはこない。言葉の中には何かあるんです」と振り返った。

「オシムさんのスタンスで(意見を)伝えるが、どう受け取るかはその人次第。受け取る側はそこまでの人間だったら、そこまでしか伝わらない。受け入れる側がいい人間であれば、受け取るものもいいものになる」と持論を展開した闘莉王氏。ボスニア・ヘルツェゴビナの英雄として知られるオシム氏だが、言葉を受け止める選手の度量によって、さまざまな解釈が生まれると語り、「若い人間にはちょっと(理解が)難しいかもしれない」と言葉の真意を汲み取る難しさについても触れている。

 攻撃的DFとして有名だった闘将は、Jリーグ史上唯一のDFとして100ゴール以上を記録しているが、オシム氏は闘将にさらなる攻撃参加を求めたという。

「オシムさんの最も凄かったところは、自分の最大限のポテンシャルを引き出してくれる。サッカーにおいて、勇気を持って戦え。この勇気というのは、どんなものなのか。いろいろなところで見せてくれる。守っているだけじゃない。お前は攻めろ。ミスしても大丈夫。それぐらい深い」

 名将オシムの奥深さについて独自の見解が光る最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド