イタリア名門、敵地での衝撃“汚ロッカー”が話題 荒れ放題のマナー欠如に「傲慢で無礼」「最低」と批判の声

フィオレンティーナの汚ロッカーが話題に【写真:ロイター】
フィオレンティーナの汚ロッカーが話題に【写真:ロイター】

ハーツに3-0と完勝したフィオレンティーナ、試合後の荒れたロッカーが批判の的に

 UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第3節、ハーツ(スコットランド)対フィオレンティーナ(イタリア)の一戦が現地時間10月6日に行われ、アウェーのフィオレンティーナが3-0と快勝した。注目を浴びているのは、アウェーチームの驚くべき“汚ロッカー”で、「スタッフに衝撃が走った」「傲慢で無礼」「最低」と批判の的になっている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 試合はMFロランド・マンドラゴラ、FWクリスティアン・クアメ、FWルカ・ヨビッチのゴールでフィオレンティーナが3-0と勝利。文句なしの快勝劇に思われたが、ピッチ外の行動で非難を浴びる形となった。

 英紙「ザ・サン」は「フィオレンティーナ、ハーツのアウェー側ドレッシングルームを汚し、滅多に見られない映像で非難」と報道。フィオレンティーナがハーツの本拠地に乗り込んだなか、試合後にゴミなどが散らかり荒れたロッカールームの様子が拡散している。記事では「ハーツのスタッフは更衣室が荒れ果てているのを発見」「セリエAのスーパースターたちが、タインカッスル・スタジアムのアウェーの楽屋を散らかし、ハーツのグランドスタッフに衝撃が走った」と伝えた。

 またブラジル紙「Extra」も「フィオレンティーナの選手たちがスコットランドの更衣室を汚し、批判」と注目。映像の様子を描写し、「その汚さ、乱雑さが注目を浴びた。プラスチックや包装材と一緒に床に投げ捨てられたペットボトル、散乱するバスタオル、トイレの前に投げ捨てられたトイレットペーパー、コップなどが批判の対象になった」と記した。また、「ユーザーから『マナーがなっていない』と批判された」「『傲慢で無礼』『最低』というコメントもあった」と反響ぶりも報じている。

 かつて元日本代表MF中田英寿氏もプレーしたイタリアの名門フィオレンティーナ。試合では勝者となったものの、試合後の汚ロッカーに波紋が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド