浦和モーベルグ妻、鉄板焼き屋での夕食披露 愛息たちの“箸の使い方”にも注目

浦和でプレーするMFダヴィド・モーベルグ【写真:Getty Images】
浦和でプレーするMFダヴィド・モーベルグ【写真:Getty Images】

元スウェーデン代表の浦和10番MFモーベルグ妻、海老やステーキを愛息たちと堪能

 J1浦和レッズ所属の元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグの妻・クララさんが自身のインスタグラムを更新。愛息たちと東京の鉄板焼き屋で舌鼓を打ったことを報告している。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 スウェーデン代表歴を持つモーベルグは、チェコ1部の名門スパルタ・プラハから昨年末に浦和へ移籍。10番を背負い、3月19日のJ1リーグ第5節ジュビロ磐田戦(4-1)でJデビューを飾ると、ここまでリーグ戦で18試合8ゴール、決勝まで進出しているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で7試合5ゴールをマークするなど攻撃を牽引している。

 そんな28歳のレフティーは先日も夫妻で渋谷のカフェを訪れ、リラックススタイルでくつろぐ様子を見せていた。一方の妻・クララさんも、ミニ丈ワンピースにブーツ姿のクララさんはミキモト銀座2丁目店を訪れたことをインスタグラムで報告していた。

 そのなかで、10月7日の最新投稿では「friday dinner(金曜日の夕食)」と綴り、愛息たちと鉄板焼き屋で海老やステーキを堪能した様子を計10枚の写真とともに伝えている。これにはファンから「おいしそう!」という声のほかに、「箸の使い方が上手」と子供たちの箸の使い方に注目するコメントも寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド