浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

浦和でプレーするMFダヴィド・モーベルグ【写真:Getty Images】
浦和でプレーするMFダヴィド・モーベルグ【写真:Getty Images】

元スウェーデン代表の浦和10番MFモーベルグ妻がSNSで共有

 J1浦和レッズ所属の元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグの妻・クララさんが自身のインスタグラムを更新。ミニ丈ワンピースにブーツ姿で銀座に出没し、「美しい」「めっちゃ可愛い」と反響を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 スウェーデン代表歴を持つモーベルグは、チェコ1部の名門スパルタ・プラハから昨年末に浦和へ移籍。10番を背負い、3月19日のJ1リーグ第5節ジュビロ磐田戦(4-1)でJデビューを飾ると、ここまでリーグ戦で18試合8ゴール、決勝まで進出しているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で7試合5ゴールをマークするなど攻撃を牽引している。

 そんな28歳のレフティーは先日も夫妻で渋谷のカフェを訪れ、リラックススタイルでくつろぐ様子を見せていた。この日は妻・クララさんが「銀座」と場所を記してインスタグラムを更新。ミニ丈ワンピースにブーツ姿のクララさんはミキモト銀座2丁目店を訪れた模様だ。“深い輝きを放つ宝石箱”を思わせるような特徴的なデザインで、パールピンクの珍しい外壁の前に立ってポーズを決めている。

 コメント欄では「美しい」「めっちゃ可愛い」などの声が上がり、夫のモーベルグからも「いいね!」が寄せられている。

 現在9位の浦和は10月8日の第32節でサガン鳥栖、同12日の第27節で北海道コンサドーレ札幌、同29日の第33節で横浜F・マリノス、11月5日の最終節でアビスパ福岡と対戦。リーグ戦では8月13日の第25節ジュビロ磐田戦(6-0)以来ゴールから遠ざかっているモーベルグだが、終盤戦でゴール量産となるか注目だ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング