1G1Aの久保建英「すごく楽しい」 新天地ソシエダで躍動、好プレーに手応え「僕はフィットしている」

レアル・ソシエダMF久保建英【写真:Getty Images】
レアル・ソシエダMF久保建英【写真:Getty Images】

ジローナ戦で1ゴール1アシストと躍動、試合後に新天地でのプレーに言及

 スペイン1部レアル・ソシエダは、現地時間10月2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節ジローナ戦を5-3で制した。先発出場した日本代表MF久保建英は1ゴール1アシストと躍動したなか、今夏加入したソシエダで順調なシーズン序盤を過ごす現状に「すごく楽しい」とコメントしている。

 前線の一角で3試合連続となるスタメン出場となった久保は、いきなり仕事を果たす。前半8分、元スペイン代表MFダビド・シルバのスルーパスを受け、左サイドから左足でクロスを供給。これをファーサイドでノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが合わせ、前節のエスパニョール戦に続くアシストをマークし、先制点をお膳立てした。

 試合はその後、点の取り合いとなり、3-3で迎えた後半26分、ソシエダはMFマルティン・スビメンディが勝ち越しゴールをマークすると、とどめを刺したのが久保だった。同40分、カウンターからセルロートのパスを受けると、ペナルティーエリア内から左足を一閃。低弾道の強烈な一撃をゴールに沈めて1ゴール1アシストと躍動した。

 ソシエダの公式ツイッターは試合後、久保の談話を紹介。「チームが選手を上手くするっていう、助け合っていくチームに僕はすごくフィットしているというか、レアル・ソシエダっていうチームが僕の良さを生かしてくれている」とコメントし、ここまでリーグ戦7試合2得点2アシストと結果が伴ったパフォーマンスへの手応えを示した。

 さらに「僕がレアル・ソシエダを助けているというより、チームに助けてもらって今のところ結果を出せているのですごく楽しいですし、残り試合たくさんありますけど、チームの勝利に貢献したいと思います」と語り、新天地でのさらなる活躍を誓っている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング