ソシエダ久保建英、壮絶な打ち合いで1G1Aの活躍 スペイン紙称賛「素晴らしいバトルを締めくくった」

久保建英がジローナ戦で1ゴール1アシストの活躍【写真:Getty Images】
久保建英がジローナ戦で1ゴール1アシストの活躍【写真:Getty Images】

セルロートの先制弾をお膳立てし、後半39分には自らもゴール

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、現地時間10月2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節ジローナ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せ、5-3の勝利に大きく貢献した。スペイン地元紙も「素晴らしいバトルを締めくくった」と伝えている。

 前線の一角で先発出場となった久保は前半8分、元スペイン代表MFダビド・シルバのスルーパスを受け、左サイドから左足でクロスを供給。ファーサイドでノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが合わせ、鮮やかに先制点を奪った。

 レアル・ソシエダは前半23分にジローナのスペイン人FWロドリゴ・リケルメにペナルティーエリア外からゴール左上隅に強烈なミドルシュートを突き刺され、同点に追い付かれる。さらに、同27分にもクリアが甘くなったところからジローナのスペイン人DFアルナウ・マルティネスにヘディングシュートを決められて逆転を許した。

 しかし、前半42分にセルロートが浮き球を胸トラップ&左足ボレーでニアをぶち抜いて同点とし、2-2で前半を折り返す。

 壮絶な打ち合いは後半も続く。同3分、ジローナはカウンターからアルゼンチン人FWバレンティン・カステジャーノスがペナルティーエリア外から右足シュートを放ち、勝ち越しゴールが生まれる。

 レアル・ソシエダも後半5分、久保が左サイドからドリブルで持ち込んで左足シュート。わずかに右に外れてゴールがならなかったが、同21分に右サイドからのセットプレーでスペイン代表MFブライス・メンデスのキックがそのままゴールへ流れ込んで追い付いた。

 さらにレアル・ソシエダは後半25分、シルバを起点にゴール前に持ち込み、スペイン人MFマルティン・スビメンディが勝ち越し弾。さらに、後半39分にはカウンターから久保が豪快な左足シュートを決め、5-3で壮絶な打ち合いを制した。

 スペイン地元紙「El Diario de Burgos」は、「日本人は左サイドから決定的なパスを送った」「久保の活躍で素晴らしいバトルを締めくくった」と称えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド