「間違いなく今の代表に必要」 ビッグセーブ連発のGKシュミット、“Jリーグ時代”に再脚光「仙台の誇り!」

日本代表GKシュミット・ダニエル【写真:Getty Images】
日本代表GKシュミット・ダニエル【写真:Getty Images】

Jリーグ公式SNSが仙台などでプレーした過去のセービング集をアップ

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでエクアドル(同44位)と対戦し、0-0ドローで終えた。終盤のペナルティーキック(PK)を止めたGKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)の活躍が光ったなか、Jリーグ公式SNSが過去のセーブ集を公開している。

 0-0で迎えた後半37分、日本はDF谷口彰悟(川崎フロンターレ)がエリア内で相手選手を倒してPKを献上。キッカーを同国の英雄FWエデル・バレンシアが務めたなか、相手のキックにシュミットが見事なタイミングで反応し、パンチングで大きく弾き出した。あわや失点のピンチを防いだシュミットは気迫あふれるポーズで喜びを爆発させた。

 その後も試合終盤には、エクアドルのフリーキック(FK)の場面でFWエデル・バレンシアのヘディングシュートを横っ飛びでビックセーブするなど失点ゼロに大きく貢献している。

 そんななか、試合後にJリーグ公式ツイッターでは、「絶体絶命のピンチをビッグセーブで救う!日本を代表する大型GKシュミット・ダニエル選手のJリーグ時代のセービングをplay back」と過去ベガルタ仙台やロアッソ熊本などでプレーしたシュミットのJリーグ在籍時代のセービング集を公開。ファンから「オレらのダニエル」「間違いなく今の代表に必要」「仙台の誇り!」「仕事早くて素晴らしい」「最高のセーブ!」と多くのコメントが寄せられていた。

 カタール・ワールドカップ(W杯)本戦まで2か月を切ったなか、エクアドル戦での活躍は、最後のメンバー選考に向けシュミットにとって大きなアピールとなったはずだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド