元日本代表の福田氏、GKシュミット・ダニエルのPKストップに興奮 「読みもタイミングもばっちり!」

PKを止めたシュミット・ダニエル【写真:Getty Images】
PKを止めたシュミット・ダニエル【写真:Getty Images】

後半38分に最大のピンチも、抜群のセーブで危機回避

 森保一監督率いる日本代表(FIFAランキング24位)は9月27日、ドイツ・デュッセルドルフでのキリンチャレンジカップでエクアドル(同44位)と対戦し、前半を0-0で終えた。試合を中継するTBSで、元日本代表MF戸田和幸氏とともに解説として出演した元日本代表MF福田正博氏が、GKシュミット・ダニエル(シント=トロイデン)のビッグセーブを称賛している。

 日本は23日のアメリカ戦を終えてからDF冨安健洋が所属のアーセナルの事情により離脱。試合中に負傷したGK権田修一もチームを離れているなかで、森保一監督はスタメン11人を総入れ替え。それでもシステムは4-2-3-1に据え置いて試合に臨んだ。

 前半はエクアドルの素早いプレスに苦戦し、なかなかチャンスを作れず0-0でハーフタイムを迎えた日本。後半38分には最大のピンチが訪れる。

 エクアドルがペナルティーライン付近中央へ低いボールを送ると、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)が遅れて相手に接触し、これがペナルティーキック(PK)の判定となってしまう。このピンチのシーンで、シュミットは完全にコースを呼んでシュートをセーブ。このプレーに「読みもタイミングもばっちりでしたね!」と福田氏も絶賛し、「谷口救われましたねー」とコメントを残していた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド