森保一監督、アメリカ撃破を称賛 本大会出場国に白星「W杯に向けて良い準備をしてくれた」

日本代表の森保一監督【写真:ロイター】
日本代表の森保一監督【写真:ロイター】

鎌田&三笘のゴールでアメリカに2-0勝利

 日本代表(FIFAランキング24位)は現地時間9月23日、ドイツ・デュッセルドルフでアメリカ代表(同14位)と対戦し、MF鎌田大地の先制ゴールなどで2-0の勝利を収めた。試合後、森保一監督は「選手たちがW杯に向けて戦い方を整理して良い準備をしてハードワークしてくれた」と評価している。

 日本は前線からのプレスが機能し、前半25分にショートカウンターから鎌田が右足でゴールネットを揺らしたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でチェック。時間をかけて確認した際どいプレーはオンサイドの判定となりゴールが認められた。

 1-0でリードしたまま迎えた後半も、日本ペースで試合を展開。同43分には、途中出場のMF三笘薫が左45度方面からのカットインで右足シュートを決め、リードを2点に。試合はこのまま終了し、カタール・ワールドカップ(W杯)出場国から白星を飾った。

 森保監督は、試合後のフラッシュインタビューで「選手たちがこのアメリカ戦に向け、W杯に向けて戦い方を整理して良い準備をしてハードワークしてくれた」と評価。「勝ったことはもちろん勝負事なので大切。内容的にも選手たちがやろうとしていることを意思統一しながら上手くいかない部分もピッチ内で修正ながら戦ってくれたのは良かった」と、総括した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド