内容は改善もラスト10分で4失点 フットサル日本代表は第2戦もブラジルに1-5で大敗

第1戦と同スコアの1-5でブラジル代表に敗戦【写真:河合 拓】
第1戦と同スコアの1-5でブラジル代表に敗戦【写真:河合 拓】

第1戦と戦術を変更

 フットサル日本代表は9月18日、愛知県スカイホール豊田でフットサルブラジル代表と国際親善試合を行った。15日に行われた第1戦では、開始7分で3失点を喫して1-5と大敗したなか、残り10分までは0-1と接戦を演じたが、終わってみれば第1戦と同じく1-5というスコアで敗れている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 日本代表の先発は、GK黒本ギレルメ、FP水谷颯真、FPオリベイラ・アルトゥール、FP吉川智貴、FP平田ネトアントニオマサノリが先発。第1戦で先発したものの守備面で課題を残したFPクレパウジ・ヴィニシウスに代わり、水谷がスタメンに名を連ねたことで、全員が名古屋オーシャンズの選手となった。

 この試合が代表2キャップ目となった水谷だが、抜群の安定感を見せ、積極的にフィニッシュにも絡んでいった。第1戦では、FPピトを抑えられなかった日本だが、「1試合目は対策をしていませんでしたが、2試合目は明確にアルトゥールをピトに付けることにした。ピトが試合に出ていれば、アルトゥールを入れて、ピトが下がったら、アルトゥールも下げた」(木暮賢一郎監督)という言葉通り、マンマークの守備で、ブラジルの10番に自由を与えなかった。

 このプランがハマった日本は、試合序盤に主導権を握り、多くのチャンスを作る展開となる。前半5分にはプレッシングでブラジルの攻撃を手詰まりにして、相手のバックパスのファウルを誘発させるなど、第1戦とは異なる戦いぶりを見せた。

 戦略を変えた日本にブラジルも徐々に適応していく。前半7分には中央でフリーとなったFPマテウスがGK黒本と1対1になるが、ここは黒本が好反応でシュートを防ぐ。そして前半11分には再びマテウスが、今度は右サイドでFP金澤空を振り切って、GK黒本の股下を射抜くシュートを決め、先制ゴールを挙げる。

 第1戦では好プレーを見せて、ブラジル代表のマルコス・シャビエル監督に「最も印象に残ったのは、一番小さい7番の選手」と言わしめた金澤だったが、この場面では「ファウルをしようと思ったけれど、それもできなかった。第1戦目よりも相手のギアが上がっていた」と、来日して時間が経過してコンディションの上がったブラジルとの差を痛感させられた。

 再び先制を許した日本だったが、この日はここから崩れなかった。前半16分には、水谷のシュートをGKロンカグリオが弾き、跳ね返ったボールを平田が回収。再び水谷につなぎ、決定機を作ったが「試合が終わってからストレッチをしている時、みんなに『颯真、あれはないぞ』と言われました。(ゴール前にいたFP内村俊太への)パスではなく、シュートでした」という水谷のシュートミスでチャンスをモノにできず。それでも、0-1の1点差のままで前半を終えることになった。

page1 page2 page3

Futsal X

2016年にオープンしたフットサル専門サイト。日本代表・Fリーグ・女子・海外情報など、カテゴリーを問わずフットサル情報を掲載。
http://www.futsalx.com

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」