「再び主役を演じた」 ソシエダ久保&セルロートのコンビに現地注目、守備も評価「プレッシャーが功を奏した」

ゴールを喜ぶ久保建英とセルロート(写真中央)【写真:Getty Images】
ゴールを喜ぶ久保建英とセルロート(写真中央)【写真:Getty Images】

相手GKからボールを奪うプレスにスペインメディアも注目

 スペイン1部レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英は、現地時間9月18日のリーガ・エスパニョーラ第6節エスパニョール戦にリーグ戦2試合連続でスタメン出場。果敢なプレッシングで先制ゴールをアシストし、2-1での勝利に貢献した。現地メディアでは、「久保のプレッシャーが功を奏した」「先制ゴールの鍵を握った」と称えている。

 前節リーグ戦ではアウェーでヘタフェに1-2で敗れていたレアル・ソシエダ。本拠地アノエタにエスパニョールを迎えた一戦で、久保が献身的なプレーで先制点をもたらした。

 前半17分、久保はバックパスを受けたエスパニョールGKアルバロ・フェルナンデスへ素早くプレスをかけると、フェルナンデスがもたつく隙をついてボールを奪取。こぼれたボールをノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが押し込んで試合の均衡が破れた。

 9月15日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節オモニア・ニコシア戦(2-1)では技ありの股抜きパスでセルロートの決勝点をアシストしていた久保。これで2試合連続でのアシストとなった。

 スペインメディア「エル・デスマルケ」は「久保のプレッシャーが功を奏した」と見出しを打ち、「日本人アタッカーはチュリ・ウルディンの先制ゴールの鍵を握った」「エスパニョール戦でタケ・クボとアレクサンダー・セルロートが再び主役を演じた」と伝えている。

 現地でも、守備面での貢献、そしてセルロートとのコンビはインパクトを残したようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」