鎌田大地は「フランクフルトのベストプレーヤー」 全3点関与の1G1Aに現地紙絶賛「違いをもたらす」

全得点に関与のフランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】
全得点に関与のフランクフルトMF鎌田大地【写真:Getty Images】

フランクフルトの全ゴールに関与した鎌田に現地紙が賛辞

 ドイツ1部フランクフルトは9月17日のブンデスリーガ第7節でシュツットガルトと対戦し、3-1と勝利した。先発フル出場した日本代表MF鎌田大地が1ゴール1アシストで全3得点に関与したなか、ドイツの現地紙「Frankfurter Rundschau」は「鎌田が違いをもたらす」と報じ、「フランクフルトのベストプレーヤー」と絶賛した。

【PR】ABEMA de DAZN、明治安田J1リーグの試合を毎節2試合無料生中継!

 ホームのシュツットガルトは日本代表MF遠藤航と同DF伊藤洋輝が先発した一方、フランクフルトは鎌田と元日本代表MF長谷部誠がそれぞれ先発。9月にドイツ遠征(23日にアメリカ戦、27日にエクアドル戦)に遠藤、伊藤、鎌田の3人が招集されており、日本代表対決としても注目を集めたなか、開始6分に鎌田が直接フリーキック(FK)を狙い、こぼれ球をMFセバスティアン・ローデが決めてフランクフルトが先制した。

 また後半10分、フランクフルトが相手ペナルティーエリア手前でFKを獲得。鎌田が助走から右足を振り抜くと、壁に入ったシュツットガルトの選手に当たってコースが変わり、相手GKも反応できずにそのままネットを揺らし、鎌田が今季リーグ戦4ゴール目をマークした。

 鎌田の活躍は止まらない。1点を返されたフランクフルトだったが、後半43分にフランクフルトが左コーナーキックを獲得。鎌田の正確無比のキックからMFクリスティヤン・ヤキッチが決めてダメ押しゴールを叩き込み、最終的にフランクフルトが3-1で勝利した。

 ドイツの現地紙「Frankfurter Rundschau」は「鎌田が違いをもたらす」と見出しを立てると、個々の寸評も紹介。全3ゴールに絡み、1ゴール1アシストの結果を残した鎌田について「先制点の前にFKからゴールのきっかけを作った。その後、再びFKから今度は当たってコースが変わり、ゴールを決めた。3点目は終了間際、CKからヤキッチの頭を正確に狙ったものだった。フランクフルトのベストプレーヤー」と賛辞を送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング