ソシエダ久保は「ELで輝いている」 決勝弾演出の技ありアシストをスペイン紙称賛「チームを助けた」

決勝ゴールをアシストした久保建英【写真:Getty Images】
決勝ゴールをアシストした久保建英【写真:Getty Images】

1-1で迎えた後半35分、セルロートの決勝ゴールをお膳立て

 スペイン1部レアル・ソシエダは、現地時間9月15日にUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でオモニア・ニコシア(キプロス)と対戦。後半35分に日本代表MF久保建英のアシストから決勝ゴールが生まれ、2-1で勝利した。スペイン紙も「タケも輝いている」と伝えている。

【PR】ABEMAでプレミアリーグ生中継!三笘所属ブライトンや遠藤所属リヴァプールなど厳選試合を無料生中継!

 敵地でのEL第1戦でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に1-0で勝利したレアル・ソシエダは、スペイン人MFアンデル・ゲバラのゴールで先制。久保は1点リードで迎えた後半16分、フランス人FWモハメド=アリ・チョーとの交代でピッチに立った。

 後半26分に連係ミスから同点に追いつかれたなか、同35分に右サイドから抜け出した久保が右足で相手DFの股を抜く絶妙パス。これをノルウェー代表FWアレクサンデル・セルロートが左足でゴールに流し込み、値千金の勝ち越し点となった。

 久保とセルロートの連係弾でEL開幕2連勝を飾ったレアル・ソシエダ。スペイン紙「AS」は「タケもヨーロッパ(リーグ)で輝いている。サディク不在の初日にクボとセルロートで素晴らしいゴール」と見出しを打って速報。先日、今季新加入のナイジェリア代表FWウマル・サディクが前十字靭帯断裂の重傷で離脱となり、「ソシエダはサディク抜きで欧州の舞台でテストに直面。クボとセルロートがチームを助けた。勝利に導くゴラッソだ」と2人の活躍を称えていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド