仏代表グリーズマン、クラブ事情でプレータイム“制限” アトレティコでの現状へ胸中を告白「もちろん、もっと出場したい」

決勝ゴールを決めたFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:ロイター】
決勝ゴールを決めたFWアントワーヌ・グリーズマン【写真:ロイター】

買い取り条項の発動を見送りたいアトレティコの思惑から短時間の出場に

 スペイン1部アトレティコ・マドリードは、9月7日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループBの第1節でポルトガル1部FCポルトと対戦し、2-1で勝利した。後半アディショナルタイムに3点が入った一戦で、決勝ゴールを決めたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが後半途中からの出場が続く現状に口を開いた。スペインメディア「フットボール・エスパーニャ」が報じている。

 ポルトとのホームゲームで後半アディショナルタイム1分に先制したアトレティコだったが、同アディショナルタイム5分に与えたPKを決められ振り出しに戻されてしまう。それでも同11分、CKからのクロスをベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルが頭で流したボールを、グリーズマンがヘッドでゴールに押し込み、アトレティコは勝ち点3を獲得した。

 今シーズン、グリーズマンは公式戦5試合に出場して3得点を挙げているが、いずれの試合も出場したのは後半残り時間が30分を切ってから。それでも、高い決定力を見せており、ポルト戦を含め、直近の3試合で2度の決勝ゴールを短い出場時間のなかで決めている。

 ディエゴ・シメオネ監督が、後半15分過ぎにグリーズマンをピッチに送り出すには、理由がある。2021-22シーズンにアトレティコは、バルセロナからグリーズマンをレンタル移籍で獲得したが、2シーズンに渡って45分以上出場した試合が50%以上になった場合、4000万ユーロ(約57億円)でストライカーを買い取る義務が生じる。

 スペイン紙「マルカ」によると、グリーズマンは昨シーズンの81%の試合で45分以上をプレーしているという。このため、グリーズマンの移籍金を支払いたくないクラブは、出場時間を制限することで、買い取り条項の発動を見送ろうと画策しているのだ。

 この出場時間について、グリーズマンは「自分の手を離れたところにあって、なるようにしかならない。ここにいられることを、神に感謝している。僕の家族も幸せだ。もちろん、もっと出場したいが、自分に与えられた出場時間で、全力を尽くすよ。僕はこのクラブの人間であり、ここにいることができて嬉しい。ここでプレーして、クラブのために、チョロ(シメオネ監督)、ファンのために、すべてを捧げたい」と、コメントしている。

 また、シメオネ監督も、「私たちが見ることができるのは、現実に起きたことだけであり、30分で彼はとてもよくやっている。60分出たらどうなるかはわからない。私たちは現実しか見られないからね」と、どれだけ好調でゴールを量産しても、これ以上の出場時間を与えることが難しいことを認めている。

 バルセロナからアトレティコへ復帰する際には、ファンから反発も受けたグリーズマン。こうしたチームのために戦う姿勢を見せることで、再びファンの心を取り戻すことができるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング