闘莉王が苦手だった「Jリーグ天敵ストライカー」とは? ブラジル代表も押しのけた実力者「バチバチやった。よく点を取られた」

元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏【写真:荒川祐史】
元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏【写真:荒川祐史】

川崎の攻撃的スタイルの礎を築いたジュニーニョが天敵ストライカーランキング3位

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が、現役時代に苦手にしていたという天敵ストライカー3人を選出。川崎フロンターレの攻撃的スタイルの礎を築いたスピードスターの名前を挙げている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」の最新企画は、現役時代にマッチアップしながら手を焼いたストライカー。引退後も自分の弱点を晒すことに難色を示した闘将だが、「川崎の太陽」と呼ばれたJ1通算116得点を記録したブラジル人助っ人ジュニーニョを3位に挙げた。

「ちょうど川崎が強くなってきた頃のジュニーニョ。セットで憲剛選手がいたし、いつもジュニーニョの周りに強烈な外国人もいた。ジュニーニョだけではなかった」

 全盛期のジュニーニョと言えば、司令塔の中村憲剛氏のスルーパスに抜け出してゴールを決めるのが印象的だったが、阿吽の呼吸を見せたパサーや、他の実力派外国人とのセットで脅威だったと振り返っている。
 
「最後に美味しいボールが来るのがジュニーニョ。よくPKをもらえる。スピードを持った選手」と高く評価する一方で、「1つだけ欠点があった。決定力がない。10回のチャンスに1点取るか取らないか。そこだけが欠点だった」と闘莉王氏。決定機の数に比較して、決定力はさほどでもなかったと分析している。

「カップ戦でもリーグ戦でもバチバチやった。よく点を取られたイメージ」と天敵認定した闘莉王氏は、「フッキが出れないぐらいジュニーニョがすごく輝いていた時期もあった」と振り返りながら、一時期ブラジル代表のエースに成長した若手時代のフッキが試合に出られないほどの実力者と評価。ジュニーニョの凄さを改めて感じる最新回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」