鎌田大地は「今季最高のフランクフルター」 “衝撃FK弾”を現地絶賛、リーグ2戦連発の活躍に賛辞

ゴールを決めたMF鎌田大地【写真:Getty Images】
ゴールを決めたMF鎌田大地【写真:Getty Images】

自ら得たFKを直接ゴールに決め、リーグ戦2試合連続ゴールを達成

 ドイツ1部フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地は、8月21日に行われたブンデスリーガ第3節のケルン戦で、途中出場から直接フリーキックを決め、2試合連続ゴールを達成した。今シーズンの公式戦で、すでに通算4得点を挙げている日本人MFについて、ドイツ紙「Frankfurter Rundshau」は、「ここまで今シーズン最高のフランクフルター」と、シーズン序盤戦の活躍を称賛している。

 前節のベルタ・ベルリン戦(1-1)で今季リーグ戦初スタメンを飾り、後半3分にリーグ戦初ゴールを挙げた鎌田だったが、ケルン戦を前にコンディション不良となり、この試合はベンチスタートに。それでも後半24分に途中出場すると、その2分後には敵陣左サイドの深い位置でドリブルを仕掛け、ファウルを受けて直接FKを獲得する。

 このFKでキッカーを務めた鎌田は右足を振り抜くと、鋭いカーブのかかったボールはゴールへ向かい、相手DFヨナス・ヘクターの頭に当たってゴールに決まった。

 その後、チームは同点ゴールを許し、今シーズンの初勝利を挙げることはできなかったが、「Frankfurter Rundshau」は、鎌田の好調ぶりを称賛。寸評では、「長い間、コンディション不良で弱められ、ベンチスタートとなった。実に残念なことだ。途中出場すると、すぐに決定的な仕事をした。ファウルを受け、FKをもらうと、ボールを置いてゴールに叩き込んだ。ケルン戦だけでなく、今季ここまで最高のフランクフルターだ」と、リーグ戦2試合2得点、公式戦4試合4得点とハイペースでゴールを決めている鎌田を称えている。

 鎌田の活躍がありながらも、リーグ戦では2分1敗と未勝利が続いているフランクフルト。次節のブレーメン戦(28日)では、鎌田の3試合連続ゴールとともに、チームの今季初勝利にも期待がかかる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」