「お金を払って観る価値がある」 浦和GK西川の超絶“低弾道パントキック”に現役Jリーガーも脱帽「まじですごい」

浦和GK西川周作【写真:高橋 学】
浦和GK西川周作【写真:高橋 学】

J3藤枝MYFCの鈴木惇が感嘆

 浦和レッズのGK西川周作は、8月13日に行われたJ1リーグ第25節ジュビロ磐田戦(6-0)で低弾道の超絶キックを披露。これが反響を呼び、現役Jリーガーも「お金を払って見る価値がある」「まじですごい」と感嘆している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は開始5分、元スウェーデン代表MFダヴィド・モーベルグのコントロールショットで浦和が先制。その後、同13分にMF小泉佳穂、同40分にモーベルグが2点目を決めて3点差で前半を折り返す。後半にもMF伊藤敦樹、小泉、FWキャスパー・ユンカーが連続ゴールを奪い、守備も無失点に抑えてアウェーで6-0と勝利した。

 Jリーグ公式YouTubeチャンネルでは、「会場もどよめく 西川周作のスゴ技 低弾道パントキック」と題した動画をアップ。後半9分、磐田の攻撃を食い止めた西川はボールをキャッチした直後、味方を直撃しそうな低弾道パントキックを披露する。ボールは糸を引くように伸びて右サイドのMF大久保智明に届き、ピンチから一転してチャンスというカウンターを成立させている。

 Jリーグは公式ツイッターでも、「会場もどよめく 浦和レッズ 西川周作のスゴ技。低弾道パントキックをどうぞご覧ください」とフォーカス。これに、J1通算39試合、J2通算367試合に出場した経歴を持つ、J3藤枝MYFCのMF鈴木惇は「お金を払って観る価値がありますね。まじですごい」と舌を巻いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」