J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

京都でプレーするDF本多勇喜【写真:Getty Images】
京都でプレーするDF本多勇喜【写真:Getty Images】

京都DF本多勇喜のクリアがそのままゴールイン、柏戦のオウンゴールに海外注目

 J1リーグ第24節で生まれたオウンゴールシーンに、海外メディアが脚光。ゴールまで約30メートル付近から自陣ゴールへ直接吸い込まれた瞬間に、「最近の世界のサッカー界で最も美しいオウンゴールの1つ」と注目している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 チリメディア「publimetro」が「実に不運なものだった」と注目したのは、京都サンガF.C.対柏レイソルの一戦で生まれたオウンゴールだ。前半25分、京都陣内でのルーズボールに反応した京都DF本多勇喜とMFドッジが競り合い、本多がクリアを試みるとボールはゴール方向へ。ループシュートのような形になり、そのままゴールへ吸い込まれた。

 京都GK上福元直人は、味方からのバックパスを手で扱えない事情もあり頭で反応したが、クリアは失敗。結果的にゴールまで約30メートル付近から自陣ゴールへ直接吸い込まれる形になった。

「publimetro」では「30ヤード(約30メートル)の距離からGKにきっちり“小さなハットトリック”を決め、最近の世界のサッカー界で最も美しいオウンゴールの1つだ」と紹介。「キーパーはリターンの間接ファウルを取られないように頭でクリアしようとしたが、チームメイトと同じく誤算であった」と報じた。

 京都はこの試合の前半7分に、MF武田将平のゴールで先制したものの、このオウンゴールで追いつかれたうえに、後半アディショナルタイム8分には柏FW武藤雄樹に劇的逆転弾を奪われて1-2と敗戦。運に見放されてリーグ5試合ぶりの勝利を逃した。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」