「成長へ必要な環境」 久保建英、来季レアル・ソシエダ入り浮上…海外ファン支持「彼にぴったりだ」

去就が注目されているMF久保建英【写真:Getty Images】
去就が注目されているMF久保建英【写真:Getty Images】

今季リーグ戦を6位でフィニッシュ、ソシエダが久保獲得に関心と現地報道

 スペイン1部レアル・マドリードが保有する日本代表MF久保建英の来季新天地に、同じラ・リーガのレアル・ソシエダが浮上。今季リーグ戦を6位でフィニッシュしたクラブへの移籍が浮上したことを受けて、海外ファンからもさまざまな反応が寄せられている。

 久保は昨季、キャリア2度目となるマジョルカへのレンタル移籍を決断。シーズン序盤こそ主力として出番を重ねたものの怪我により長期離脱を余儀なくされた影響もあり、リーグ戦28試合に出場し、1ゴール1アシストと、期待されたほどのインパクトを放てなかった。

 来季もレアルへの残留が厳しいとの見解が出ていたなか、スペインメディア「Fichajes」など複数メディアがソシエダ入りの可能性を報道。同クラブは完全移籍も視野に獲得を画策していると見られ、イマノル・アルグアシル監督は攻撃面の強化に向けた戦力になると見なしているという。

 ソシエダはこれまでも久保に関心を示してきたクラブの1つ。現地メディアで報じられた去就動向を受けて、海外ファンからは「この移籍は正しい」「成長へ必要な環境になる」「彼にぴったりだ」といった声も寄せられた。

 マジョルカでは残留争いを強いられたチームで、時に守備的なタスクも求められた久保。持ち前の攻撃センスを遺憾なく発揮する場として、来季はどのユニフォームを纏うことになるだろうか。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング