「ラオウ木本」降臨 FC東京DF、練習での両足&ヘディングの3連続ゴールに脚光「新たな魅力発見」

FC東京DF木本恭生【写真:徳原隆元】
FC東京DF木本恭生【写真:徳原隆元】

木本恭生のシュート練習&パフォーマンスをクラブ公式インスタグラムが公開

 FC東京が5月23日、クラブ公式インスタグラムを更新。「こんなヤスさん、初めて見ました」と、DF木本恭生の“意外な一面”にスポットライトを当てている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 アルベル・プッチ・オルトネダ新監督を迎えたFC東京は今季、14試合を終えて5勝4分5敗でリーグ9位。そのなかで、木本は今季13試合にスタメン出場するなど、元日本代表DF森重真人とともに、最終ラインを牽引している。

 5月25日に行われる敵地でのJ1リーグ第15節清水エスパルス戦に向けて調整するなか、クラブ公式インスタグラムが「こんなヤスさん、初めて見ました」と一本の動画を公開。「木本恭生選手の新たな魅力発見」と字幕がつけられた映像では、右足、左足の順に正確なシュートを決め、最後は右からのクロスを豪華にヘディングで合わせてネットを揺らし、満面の笑顔でガッツポーズを披露する姿が収められている。

 ハッシュタグでは、拳を天に突き上げる“ラオウポーズ”(昇天ポーズ)になぞらえ「#ラオウ木本」と命名。ファンからは、「かわいい」「両足であの精度…うめえ(笑)」「試合でぜひ」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング