C大阪・清武弘嗣の“30m級スルーパス”が「異次元」 完璧なボール精度&軌道で「意味わからんぐらい天才」

C大阪の清武弘嗣【写真:Getty Images】
C大阪の清武弘嗣【写真:Getty Images】

G大阪との“大阪ダービー”で披露、同点ゴール起点のパスシーンが話題

 J1セレッソ大阪は、5月21日に行われたリーグ第14節ガンバ大阪との“大阪ダービー”を3-1で制した。注目のライバル対決で先制を許す展開となったなか、後半序盤の同点ゴールの起点となったFW清武弘嗣のスルーパスシーンが話題に。ボールの精度、軌道ともに完璧だったことから、SNS上では「異次元」「凄まじい技術の詰まったパス」といった賛辞が寄せられている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 ホームのC大阪は前半33分、G大阪FW山見大登に先制ヘッドを決められビハインドを背負う。それでも後半13分にMF奥埜博亮がゴール前へ運んだ流れからFWアダム・タガートの得点で追いつくと同21分、DF山中亮輔の左クロスを奥埜が頭で合わせて逆転に成功。同アディショナルタイム4分にも、奥埜が駄目押し弾を決めて勝負を決めた。

 そんな試合で、エースナンバー10番を背負う清武が披露した圧巻スルーパスが話題に。アダム・タガートの同点ゴールシーンの直前、カウンターの場面で右サイドのDF松田陸から中央でパスを受けた清武は、前線にスルーパスを供給。相手2人が縦に並んだその間を通すと、ボールは大外を周りながら奥埜の足もとへピタリと届けてみせた。

 パスの出し手から受け手までの距離は、およそ30メートル。その距離間を精度、タイミングとも完璧に通したことから話題を呼び、SNS上では「すごい」「さすがだわ」「意味わからんぐらい天才」「異次元」「凄まじい技術の詰まったパス」といった賛辞が続々。日本サッカー界屈指のテクニシャンとして腕を鳴らしてきた清武の技とセンスが凝縮された場面に、反響が寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング