「何度も戦場に行こうと考えた」 英雄シェフチェンコがロシアのウクライナ侵攻に胸中、数か月間注力してきたことは?

反戦を訴え続けるシェフチェンコ氏【写真:Getty Images】
反戦を訴え続けるシェフチェンコ氏【写真:Getty Images】

人脈を使い、戦争についての呼びかけ、人道援助への貢献などに注力

 ロシアのウクライナ侵攻はサッカー界にも大きな影響や悲しいニュースを引き起こしているが、現役時代にイタリア1部ACミランなどでプレーした元ウクライナ代表アンドリー・シェフチェンコ氏は、「何度も戦場に行こうと考えた」と苦しい胸の内を語った。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 シェフチェンコ氏は現役時代にウクライナの名門ディナモ・キエフから羽ばたいて、イタリアの名門ミランやイングランド1部チェルシーでプレー。爆発的なスピードと決定力から欧州屈指のアタッカーとして知られ、「ウクライナの矢」とも称された。

 そのシェフチェンコ氏はロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、メディアの前に出てロシアの暴挙を止めるべく国際社会に呼びかけてきた。その思いを改めて、英国のデジタルメディア「Ladbible」に語っている。

「何度も戦うために戦場に行こうと考えた。しかし、それは最も良い解決方法ではなかっただろう。私は人脈を使って、戦争についての呼びかけを始めて、人道援助への貢献をすること、難民を助けるプログラムを作ること、慈善団体と話して協力していくこと。それをここ数か月間やってきた」

 ウクライナサッカー界の英雄であり、代表監督も務めたシェフチェンコ氏の知名度は間違いのないものだ。積み重ね来たものを、母国を救うための活動に使いながら奔走しているようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング