アーセナル冨安、ウェストハム戦で3か月ぶりスタメン出場

アーセナルでプレーするDF冨安健洋【写真:Getty Images】
アーセナルでプレーするDF冨安健洋【写真:Getty Images】

今年1月のリーグカップ・リバプール戦以来のスタメン起用

 イングランド1部アーセナルは、現地時間5月1日のプレミアリーグ第35節でウェストハムと対戦。日本代表DF冨安健洋がスタメンに名を連ねた。

【PR】サッカー観るならDAZN Jリーグ関連番組も充実

 加入1年目ながら右サイドバックで不動のレギュラーポジションを掴んでいた冨安だが、立て続けに両足のふくらはぎを負傷。1月20日に行われたリーグカップ準決勝第2戦のリバプール戦(0-2)を最後に3か月以上の離脱を余儀なくされていた。

 リバプール戦は痛みを抱えながらの強行出場となり、負傷を再発させるきっかけとなったことからミケル・アルテタ監督も冨安の復帰には慎重になっていた。そうしたなかで、4月23日のプレミアリーグ第34節マンチェスター・ユナイテッド戦(3-1)は後半アディショナルタイムから途中出場し、“慣らし運転”となった。

 3か月ぶりのスタメン出場となるウェストハム戦でどんなプレーを見せるのか、注目が集まる。

(FOOTBALL ZONE編集部)



page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング